バナゴンのオイル漏れチェック

先日vwest springに行った際に2日間で450kmほど走ったところ、予想以上にオイルが減っており焦りました。
あまり良い状態でないのは分かっていたので、気付かないふりをしていたのですが、そんな事も言ってられない状態になってきているようです。

そこで漏れていそうな左右のシリンダーやプッシュロッド周りを覗いてみました。
まずは左から。


プッシュロッドチューブが2本オイルで濡れているのが分かります。
チューブより上も濡れているので、シリンダーやオイルクーラーあたりも怪しそうです。

そして次は右側。


こちらも漏れた後がありますが、特にプッシュロッドチューブより上からが多そう。

上側をチェックすると…


うーん。見事に漏れている…
これだけ漏れていればオイルの減りが早いのも理解できます。

ということで、ショップに入れてオイル漏れを直してもらうことになりそうです。
エンジンを降ろすことになると、大きな出費になります。

古い車でこの手の修理は避けて通れないですが、少しでも軽症なことを願いたい…。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

【旧車修理】オーディオの不具合 配線ショートの原因究明

ヴァナゴンのマフラー排気漏れ修理の続き

バッテリー上がりをレスキュー

ヴァナゴンのマフラーの排気漏れを修理する

空冷ヴァナゴン マフラーストラップ固定ボルト&ナットの補修

音が出ないスピーカーの修理

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ