沼と現実


実家で置物状態になっていたSPを使いだしてから、カメラの沼へハマってしまった気がします。SPのM42というカメラマウントのレンズは、探せばジャンクなら500円くらいから見つかるので、ついつい良い掘り出し物があると買ってしまうんです。動作やキズ・カビなど、個人的に使い物になるかの判断をしながら物色するのも楽しい。
といっても実際に使っているのは、Super Takumar 1.8/55の初期型ばかり。他のレンズを買ってもしばらくするとこのレンズに戻ってきます。使いやすいのはもちろんですが、このレンズを手に入れるのに時間が掛かった分だけ愛着がある。他のカメラやレンズに目移りし手を出すけど、実際は買ってもほとんど使い切れない…それが現実なのかも。


にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0