キャンプ用テーブルのDIYにチャンレンジ


購入したビンテージクーラーボックスに似合うテーブルってどんなだろう。ということで、ネットで探してみましたが、いいなぁと思うものは値段が高く手が出ません。それなら作ってしまえということで、思い立ったが吉日とばかりに材料を集めてみました。


今回作るの机のサイズは、車のキャリアと板の都合で、縦900mm x 横700mm x 高300mm となりました。車に積みこめる様に真ん中で2つに折れる様にします。

そしてざっくりと作る工程は、以下の感じに進めようと思います。
1)木や足の金具にペーパーをかけてペイント
2)テーブルの板を組んで足の取り付け
3)アンティークミディウムで汚しのアクセント
4)トップコートペイント



ということで、さっそく着色。今回はホームセンターで見つけたターナーのミルクペイントを使います。水性で匂いもないので室内でやっても全然気になりませんでした。原液そのままで簡単に塗れたので僕の様な初心者にも安心です。ただ、油性ペンキの様な耐性はなさそうなので、アウトドアで使うものには最後にトップコートやニスなどで保護しないとダメだと思います。


色が乾いたところで、今回揃えたものを仮に置いてみました。折りたたみしたいので、足も折れるタイプにしました。ただ、足をそのまま板に取り付けると邪魔で折りたためないので、足の高さ分だけ木枠でかさ上げしています。あとは持ち運びやすい様に取っ手をつけたり、勝手に開かない様に留具をつけたりと、この辺りは使い勝手が良い様に工夫してみました。

足はメッキの金物に同じくターナーのアイアンペイントをしていますが、金物には下地処理をしないとペイントが乗らない様で、触っているうちに剥がれて来てしまいました。やはりきちんと下地しないとだめでしょうか。以前水筒を塗った時のミッチャクロンが残っているので、足だけは再ペイントしてみようと思います。


にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0