ショックのリフレッシュ準備中 パート4 Wakos スレッドコンパウンド

ショック交換の続きです。
昨日はロックタイトのお話でしたが、今回は逆なイメージのかじり(焼きつき)防止のスレッドコンパウンド。金属は高温になった際に、他の金属と焼きついて溶着してしまうことがあるらしく、その焼きつきを防ぐものです。たまにマフラーとかで硬くて取り外しに苦労する時がありますが、そんな箇所にこいつを塗っておけば、すんなり外せるって事なんでしょう。

Wakosなのできっと性能は抜群でしょう。ちなみにショック交換でどこに使うかというと、先日のムービーでも紹介されていましたが、軸など荷重を受けるところに軽く使おうと思います。

実際のところ自分の車に使うだけなので、一生あっても使いきれないかも。でもこういうのって、買って使って「少しは良くなったかな?」とか思うだけで自己満足できたりしますから楽しいです。

若い頃は車やバイクをいじっていても、こんなこと全く気にせずにやっていました。締め付けトルクも感だよりで、心配なところは力一杯締めたり、外す前にボルトやナットをケガいて位置を合わせたりしていました。緩んだら増し締めでいいかみたいな…。
でも最近ではネットでいろんな情報もあるし、良い商品も手に入るので色々と試したくなります。安全に対して慎重になるのも良いことですよね。若い頃の様な勢いはないですけど、歳をとったなりに車いじりを楽しみたいなと思います。



関連エントリー

RSS 2.0