SMC Takumar 28mm f3.5とCanon FD 35-105mm f3.5


先日Canon FTbを手に入れたので、大須にレンズキャップやフードのジャンクを探しにいったのですが、使えるジャンクレンズを発見してしまい、予定外に衝動買いして帰ってきてしまいました。

まず1本目SMC Takumar 28mm f3.5から。
コンパクトでシャープな広角レンズです。今のところタクマーレンズは4本持っていますが、このレンズが加わったのでざっくりシステム完成って感じでしょうか。まだ他にも色々ありますが、用途的に探して買う程ではないので、良い出会いがあればって事で。

・SMC Takumar 28mm f3.5
・Super Takumar 55mm f1.8
・Super Takumar 200mm f4

このレンズは前玉が軽くカビていたのですが、それ以外はとても良好です。ジャンクと言いながら2000円もしましたが、カビが無ければ良品といっても良さげなほど綺麗だったので買ってしまいました。まぁこの程度でカビが無ければ普通5000円前後はするだろうと思うので、半額くらいで買えたと思います。
さっそく家に帰って中性洗剤+歯ブラシで掃除したところ、きれいにカビも取れました。良い買い物が出来て満足。

そして2本目Canon FD35-105mm f3.5です。



先日いただいたCanon FTbで使えるFDマウントの標準ズームです。3倍ズームでf3.5通しでしかもマクロ付きという、何でもこなす出来るヤツな感じです。
情報を調べたらキャノンミュージアムのHPには、Canon NEW FD35-105mm f3.5しか乗ってなかったのですが、NEWの有り無しで考えると、これより古いレンズになるんでしょうか。NEWが1981年に販売され定価59000円になっていましたので、中級クラスの高価なレンズだったんだと思います。ちなみにこちらもジャンクで2000円でした。外観に少し当りはありましたが、レンズも綺麗だし使う上で問題になる様なところはありません。

試し撮りは後程。ジャンクは当たり外れありますがハマりますね。
掘り出し物があるとテンションあがります。


にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0