ヘッドライトの交換

ヘッドライトのお話です。
購入時はUSモデルらしくGEのシールドビームが付いていました。格好良いのですが、とにかく暗い。ビートルのシールドビームに慣れている僕でも暗くて怖いほどでした。見た目的には気に入っていたのですが、毎日通勤するしキャンプなど街灯がない所に行くと危ないので交換することにしました。やはり安全第一です。

そこで今回はKOITOのハロゲンに交換します。
KOITOは周りの評判も良く信頼できます。空冷vwで使っている人も多いですよね。
元のシールドビームに比べレンズの丸みは無くなりますが、それでもこのレンズも十分格好良いです。


バナゴンのヘッドライト交換は、フロントのグリルを開けてヘッドライトを外すだけ。
簡単ですがネジを間違えて光軸をいじらない様に注意が必要です。まあレンズを変えている以上、光軸は変わりますから交換後の調整は必要ですが…。
光軸があっていないと、対向車が眩しかったり、正しく見れなかったりするので危ないと思います。安全に関わりますからぜひプロに測定してもらってください。

あと、ショックなことに、シールドビームを外した時に端子が1箇所折れました。
かなり痛んでいた様なので、光量が落ちていた原因にもなっていそうです。
ここは後でしっかりと補修します。


ということで、両方交換してみました。
目が少し小さくなった感じがしますが、相変わらず可愛い顔をしています。


外した際に折れた端子は後で補修しました。
再度使うことも無いかもしれませんが、まだ使える物ですから大切にストックします。


取り外したシールドビーム。
長年お疲れ様でした。


にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0