ザンバラン パスビオGTとの出会い

DSC_4232


好日山荘がセールということで、家族でぶらっと見に行ってきました。
今回のお目当ては登山靴です。


今まで履いていたシリオP.F.301GTXは歩きやすくて好きなんですが、子供を背負う様になってから、長距離を歩くと足の裏が痛くなり毎回困っていました。301は入門者用のライトトレッキングな部類のものなので、子供を背負った状態の15kgオーバー+僕の体重も入れると許容オーバーなのかもしれません。

症状を店員さんに伝えると「柔らかめのソールで重い荷物を背負い歩いていると、足裏の筋肉が疲れやすくなるので痛みに繋がる可能性があり、もう少し上のクラスの靴を履けば緩和されるのではないか」ということでした。

そこで軽い気持ちで足の計測と試し履きをお願いすることにしました。専用の器具で計測してみると、26.5〜27.0の間で3E〜3E+の間くらい。日本人の標準より少し広めですが、絶対に幅広じゃないとダメって程では無い微妙なところらしいです。


ということで早速試し履きですが、今回のポイントは、

・予算2万円ちょっと
・将来的に20kgくらいまで背負っても耐えられるもの
・3シーズン3000mくらいの山まで普通に使えるもの
・今の靴と同じ位の重さ
・固くても足が運びやすく歩きやすいもの

という感じです。3シーズン3000mクラスのものになると、ほとんどのメーカーが3万円弱でラインナップしているので予算は厳しいですが、「まぁ試し履きだし」ということで、いろいろ履いてみました。


まずは今履いているシリオから。


■シリオ P.F.430
3E+の幅があるので、足幅が広めの人にはいいですよと薦めていただきました。でも履いてみると幅が広すぎな印象で、足がちょっと動く。今の靴も3E+なので、今の靴と履き心地は近いですが、足が横に動く感じが気になり少し合わない気がしました。片足590gと軽くていいけど幅広すぎかな。


■シリオ P.F.41A
これはなかなか良かった。こちらは3EとP.F.430よりは少し幅が狭く、僕の足に調度良い気がした。僕は3E+よりは3Eなんだろうな。590gとこちらも軽い。しばらく履いたり凸凹のお試しコーナーでもいい感じ。これは一旦キープです。

シリオならP.F.41Aかな。


■グランドキング GK68_02M
さて、次はグランドキング。他のメーカーよりもお値段がリーズナブルなのに、しっかりした作りをしていて前から気になっていました。日本のメーカーなので足の感覚も間違いないはず。デザインも最近良くなっているので、足に合えば予算的にも助かります。ということで、GK68_02Mを試してみました。

しかし、残念ながら26.5ならフィッティングはピッタリだけど、下りで微妙に指が当たりそうな感じ。反面27.0だと指は大丈夫だけど、全体的に微妙にフィットせず足首の辺りにも違和感が…足に合わずに残念。720gと今の靴よりも重くなるし、グランドキングは見送ることにしました。

実はこの時点で「なんだかんだ言っても、またシリオかな」と思っていたのですが、それではある意味予想通りで、ここで感動が無ければ今回は買わずに帰るつもりでした。でもせっかくの試し履き、ついでに前から気になっていたザンバランとローバーも試す事にしました。


■ザンバラン パスビオGT
ということで、次は今回購入したザンバランのパスビオGT。
お店の方には非常に申し訳ないですが、新しい靴を使いたい予定は8月なので、今回の試し履きはここまで半分本気で半分遊び気分だったのですが、この靴を履いた瞬間にスイッチが入ってしまいました。

なんだこの靴、すごく履きやすい。うわぁ出会ってしまった…どうしよう。

自分に合う登山靴ってこういう事なのかも。シリオもいいけど、これは少し次元が違う。僕の足の形状にスッと合う感じ。当たる部分も無いのに、広い感じもしない。歩いてもとても軽く感じるのは素晴らしい。ザンバラン感動しました。重さも600gと今の靴より軽いのもありますが、足に合う靴ってこんなに軽く感じるのなんだと感動しました。この時点で履き心地はズバ抜けていましたが、まだローバーがあるので現状の第一候補ということで。


■ローバー メリーナ GTX WXL
さて次はローバー。この靴も気になっていたメーカーです。履いた靴はメリーナ GTX WXL。この靴もすごく履きやすい。ローバー良いですね。この靴もシリオより足に合う気がしました。足にあたる部分も優しくて魅力的な靴でした。足に優しい感じは一番だったかもしれません。重さは780gとこのクラスだと普通な感じ。でもパスビオGTを履いた後だったので、僕はこれじゃないって思ってしまった。ダメということでは無く、ザンバランの方が僕に合っていたというだけの事なんだと思います。


ということで、ザンバランに感動して買って帰ってきてしまいました。しかもその履いた靴が良かったので、在庫の新品に変えないだろうなと店員さんの動きを気にした程です。試した靴はどれも良いものなので、自分に合えばそれが間違いなく最高の靴になる訳ですが、この靴が今後どんな風になっていくのか、今はすごく楽しみになりました。

ちなみに、他にもラ・スポルティバ(これは価格が高いので候補から外しました…)とかスカルパとか、色々と妄想しましたが、結局はノーマークのザンバランを買ってしまうとは、なんとも面白い出会いになりました。やっぱり登山靴は色々履かないと分からないですね。本当に良い勉強になりました。靴買うのに2時間くらい掛かったよ。笑



にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0