エスクードの補修 素人板金塗装

3年前にぶつけてへこんだエスクー​ドですが、当時ビートルのエンジン修理と重なったため、資金不足で結果的にコンパウンドで磨いただけで放置していました。四駆だし傷があっても良いんじゃない?なんて事を言っていたら、そのうち慣れてしまって気づいたら3年が経った感じです。

いつか直したいと思いながらも時間が過ぎてしまいましたが、先日突然嫁さんが「エスクードの塗料、ネットで頼んだよ」と。実はうちのエスクードのカラーは、通常の補修カラーとして市販されていないため、メーカーに特注しないとダメなのですが、そのカラースプレーを頼んでくれたようです。

そんなこんなで、放置されていたエスクードの補修が再スタートしました。
といっても完全素人なので深追いせず、深い傷だけパテ埋めして、その他のヘコミはそのまま塗装する事にしました。


水研ぎし深い傷だけパテ埋めします。パテはすぐに乾く薄付パテを使用しました。


こちらも同じく補修します。プレスラインがベコっとヘコんでいますが、外から引っ張る市販のデントツールではビクともせず、ドアの中からはアクセスできないため、深追いせずにこのままにします。
ビートルの時は、一所懸命フェンダーを叩いたのに塗装はそのままでしたが、エスクードではヘコみはそのままで塗装だけ。自分でやってて矛盾してると思う。笑


そしてプラサフ。


こちらもプラサフ。
傷が広範囲だったので、結構塗りました。

次は塗装です。
実はプラサフをしてから時間が取れず、しばらく放置してしまいました。
数週間ぶりに作業再開です。


マスキングをして、シリコンオフスプレーで綺麗になったら塗装スタートです。


塗装→クリア→ぼかしの順にやって…


塗装は完了です。
表面がザラザラとしているので、次は磨いてみます。
上手くいくかなぁ…😅



関連エントリー

関連するエントリーは見つかりませんでした。

RSS 2.0