ダブル球

「右のテールランプが消えてるよ」と嫁さんと息子に教えてもらいチェックしたところ、確かに消えていますが、ブレーキランプはつくしヒューズも大丈夫でした。右前ウインカーも点いています。どこかの配線?と悩んでいたところ「ストップランプはダブル球なので、片側のフィラメントだけ切れることもある」と教えていただき早速チェックしてみました。

テールを開くと球切れはしていませんでしたが、電球に接点が2つあることに気づきました。ダブル球ってそういうことなのね…。素人丸出しでダブル球のことは詳しく知りませんでしたが、単純に2系統を1つの電球でシェアしてるだけではなかったんですね。これなら片側だけの接触不良もあるかもと、接点をドライバーでグリグリ。そして再装着すると無事ライトがつきました。配線図を見れば2系統書いてありますが、その意味が全然理解できていませんでした。

68の場合は、フロントのウインカーはポジションライトを兼ねているので、こちらもにもダブル球が使われているって事の様です。ライト関係のトラブル切り分けに勉強になりました。そして今後のことも考え、ヘインズの配線図の写メをスマホに入れておくことにしました。これで少しは心強いかも。



関連エントリー

関連するエントリーは見つかりませんでした。

RSS 2.0