もっと自分のビートルを知ろう 1968 vw type-1 1500 USモデル(バンパー編)


今回は「バンパー」編です。

1968年式に付いているプレスバンパーは、まさにこの1968年式より採用されたバンパーになります。プレスバンパーにも種類がある様で、1968年式ではサイドのカットが少し斜めになっている様です。うちのバンパーはどうかなと調べてみると、後ろは斜めになっていますが、前はまっすぐに見える…。雰囲気的には両方オリジナルっぽいんだけど…どうなんでしょうかね。ちなみにこのバンパー、オリジナルは非常にレアで手に入れようとすると結構大変な様です。

バンパーの変更がフロント・リアフードの形状にも影響した様で、以前よりも少しだけノーズが短くなり丸いフォルムに変わっています。(元々丸いですけど…)一般的にはビートルって全て丸い印象がありますが、オーバル時代などは美しい曲線で気品を感じますし、年式違いの微妙な差でずいぶんと印象が変わるんです。

全体的な見た目でいえば、バンパーが変わっても雰囲気は1967年式と似たものに感じるのかもしれません。このあたりは高年式でもトーションバーを採用している特徴なのだと思います。

僕のビートルのバンパーには1箇所大きなへこみがあります。昔何があったのかは分かりませんが、傷も勲章ということでそのままにしています。都合よすぎでしょうかね💦



関連エントリー

RSS 2.0