空冷ビートル クラッチペダルのピン抜け

Vanagoが車検で代わりにビートルを出してきたのですが、久しぶりに乗ったらいきなり走行中にクラッチがきれなくなり路上で停止…。
とりあえず1速で家に帰り原因を調べてみると、クラッチペダルのピンが抜け落ちていました。このピンが抜けるとペダルを踏んでも空回りしてクラッチが切れません。しかし走行中にピンが抜けるなんてびっくりです。

修理にあたり最初はペダルはそのままでピンだけ差し直せないか試しました。しかしクラッチワイヤーのテンションが掛かり、うまくピンを差せなかったので、結果的にはペダル一式を外すことにしました。


ペダルを外してピンを入れてみましたが、指で簡単に出し入れが出来る程緩く、これではまた抜けてしまうことが明らかでした。
そこで、ひとまずビニールテープで巻いてその場をしのぎ後から固定することにしました。ピンが抜ける方向に力は掛からないので、これでも走行中に抜けることはないと思います。


そしてペダルを戻します。僕はこのペダルを付ける作業が苦手です。
体が大きいことも関係あるのですが、狭いスペースでの作業で毎回腕がつりそうになります…。

ということで、今回も2〜3時間くらいかけて何とか復活しました。
とりあえずクラッチも問題ないので、またピンが抜けない様にだけ対処しておこうと思います。

久しぶりに出してきてトラブルにあうと「最近かまってなかったから?」と思ってしまいます。
乗らない時間が増えても定期的なメンテナンスは欠かさず行わないとダメですね。


にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0