常滑ぶらり りんかいビーチ編

P2223616


前回「常滑ぶらり やきもの散歩道編 パート2」の続きです。初めから見る方はこちらからどうぞ。

お昼ご飯を食べた後、やきもの散歩道から車で5分程の場所にある「りんくうビーチ」に移動しました。ここではセントレアから飛び立つ飛行機が撮れるという事なので、望遠ズームに持ち替え飛行機を待ちます。

今回はE-M1に、ZD11-22mm、ZD12-60mm、ZD40-150mm、Super Takumar 200mmという4本構成です。といっても車に機材一式を積んでいったのでバックに詰め替えただけです。理想的にはこの組み合わせでいくと、ZD40-150mm、Super Takumar 200mmじゃなくて、ZD50-200mmがあると良いんでしょうね。ちなみに今回もノートリミング・補正無しで、E-M1の撮って出しjpg、三脚は使わずに手持ちで撮っています。


P2223636


にしても最高の開放感。というか相変わらずZD11-22は素晴らしいレンズです。E-M1になってから水平線にピントがこないのが不便ですが、写りを見ると納得させられます。この景色をガバッと切り取る感じが、最近中望遠ばかり使っていた僕には気分爽快な感じでした。


P2223619


対岸は僕の地元です。四日市〜塩浜あたりのコンビナートがとても目立ちます。この日は天気が良くて鈴鹿山脈までもくっきり見えました。最高のロケーションです。デジタルテレコンを使ったZD40-150mmの描画は、ハイグレードのレンズと比べてしまうと少し甘めに感じますが、価格とサイズ・軽さを考えたら非常に使いやすい良いレンズだと思います。


P2223643


実はこの日この場所では強風が吹いていて、寒さでじっとしていられない程でした。あっという間に体が冷え手も動かなくなっていきます。飛行機まだかな…。


P2223653


来た!?いや…鳥でした。


P2223662


こんどこそ来た!でも遠い。ZD40-150の150mmでデジタルテレコンを使ってこの大きさです…思い通りに撮るにはレンズの焦点距離が足りません。


P2223665


40mm側ではこんな感じ。雲が入った方が飛んでる感じがするかも。まぁそんなに簡単に上手くいかない様です。そして飛行機は遥か彼方へ行ってしまった。

ここで150mmでは無理かなと、Super Takumar 200mmに付け替えました。これなら35mm換算で400mmの画角です。さらにデジタルテレコンを使えば35mm換算800mmの画角になります。さてさて、どうでしょうか。


P2223729


激寒の中、次の飛行機まで待とうか迷っているとサーファーが来ました。どうやらウィンドサーフィンの様です。確かにすごい風なのでウィンドサーフィンには良い日なのかもしれない。けど寒くないのかな。


P2223737


と思っていたら、ものすごいスピードでビューンと行ってしまいました。さすが風が強いとスピードが違う。


P2223740


山をバックにもう一枚。かっちょいい。


P2223774


さらに、もう一枚。帆の色が違うので別の人らしい。


P2223754


また飛行機も飛び立ちましたが、やはりSuper Takumar 200mmでもちょっと遠いみたいです。ここでデジタルテレコンを使ったのか覚えていませんが、どちらにしても超寒いし思った様に撮れないので、りんくうビーチは早々に諦めて、セントレアのスカイデッキでチャレンジする事にしました。

という事で、今回はここで終了です。次回はセントレアで飛行機撮りにチャレンジします。息子も間近で飛行機を見るのは初めてなので、どんな反応をするのか楽しみ。さて良い写真は撮れたのでしょうか。次回をお楽しみに。


■今回使ったカメラとレンズ(オールドレンズ以外)



にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ


このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0