名前通りタフなやつ OLYMPUS TG-610


普段はOLYMPUS E-510を使っていますが、山ではカメラ・レンズの重さに加えて、ぶつけないか落とさないかと気を使ってしまうので、最近カメラを持っていく事に億劫になっていました。でも「やっぱり記念に写真は残しておきたい」と思い、今回手軽に撮れるタフなやつという事で、OLYMPUS TG-610を購入しました。


実は以前にもPENTAXのOptio E90を山の為に買ったのですが、どうしても空が自然な色でない事と、木々のディティールが若干潰れてしまう事に満足出来ずにいました。そもそも購入金額や単三乾電池で使えるお手軽なカメラとしては大変気に入っていますが、少しずつ使わなくなってしまったのは事実です。

そこで今回はちゃんと満足出来る画質を基準に、アウトドアで使えるTG-610の「防塵・5m防水・1.5m耐衝撃構造」という仕様に惹かれました。これなら山はもちろん川や海など水場でもガンガン撮れます。一応「ぶつけても平気だし水中でも撮れちゃいます」というのが売りになっています。いろいろ情報を集めると100kg位までの負荷にも平気らしい。

もちろん画質はE-510とは違い普通のコンデジですが、気を使わなくても良いという事を考えるとバランスがとれていると思います。山にいる時はカメラに気を使わず山に集中したいけれど、どうにか気に入った写真も残したい。こんな複雑な欲求を満たしてくれるカメラだと思っています。頑張ってタフなやつがぶっ壊れるまで使い倒してみよう。

山の写真は今後コイツがメインになると思います。
山の相棒がまた1つ増えました。


【追記】
下記エントリーの写真は全てTG-610で撮っています。
天候が悪い中そこそこ撮れてると思う。気になる方はどうぞ。
百々ヶ峰 - 西峰


にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0