ASAHI PENTAX SP + Super Takumar 55mm f1.8

E-510 + ZD50 で撮影

E-510 + ZD50 で撮影


1964年に発売された ASAHI PENTAX SP というマニュアル一眼レフカメラで、PENTAX になる前のカメラです。このカメラは15年ほど前に、地元の友人と物々交換をして手に入れました。たしか50年代ペニーズのGジャン(ファーストタイプ)と交換だったと記憶しています。手に入れた当初は数回撮りましたが、撮り方も良く分からずに飽きてしまい、その後はずっと置物と化していました。
ところが、最近 EASY HIKING さんの影響でフィルムで撮影してみたくなり、とうとうカメラを引っ張りだして試し撮りに行ってしまいました。


と言っても、実際のところ銀塩マニュアル一眼レフでちゃんと撮るのは、ほぼ初めてみたいなものです。シャッタースピード・露出等々、難しい部分は多々ありますが、E-510で使う設定の数値を、曖昧な記憶からたどりながら撮ってみました。
今回は試し撮りなので公園で1本だけ撮り終え、近くのキタムラで現像しました。キタムラで写真は要らないのでデータでくださいと言うと、1000円+αくらいで CD にしてくれたので、ブログ用ならこれで OK な感じですね。

で、実際に撮れた写真は、青く色カブリしているものが多かったのですが、個人的には予想以上の結果で嬉しくなりました。少しだけ Photoshop で色調補正をしたものもありますが、基本的には上がってきた写真そのままな感じに、最低限の調整だけにしています。(色カブリも軽い補正だけにしました)
今回は KODAK の ISO400 のフィルムを使いましたが、フィルムの粒子感も含めデジタルに馴れきった自分にはすごく新鮮でした。想像以上に解像しているし綺麗にボケる、もう少し勉強して撮れば、キマった時は良い絵になりそうな気がします。
今回は撮っていて本当に楽しかったです。フィルム良いですね。





















にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0