バナゴンの修理メモ

去年の年末にまとめてバナゴンの修理をしてもらいました。
いつもお世話になっているメニーズさんにお願いをしましたので、今回は修理内容のメモ的な感じで記録しておきます。

今回修理をお願いしたのは、以下の箇所です。
・シフトロッドブッシュ交換
・燃料タンク周りのリフレッシュ(クロスオーバーパイプとかもろもろ一式)
・タイロッド交換、ブーツ交換
・アッパーボールジョイント交換
・フロントハブベアリング交換

シフトロッドブッシュ交換、燃料タンク周りのリフレッシュ

まずシフトロッドのブッシュですが、こちらはセンターブッシュが無くなってしまい、走行中にシフトが入らなくなった事がきっかけで修理をすることになりました。
ただ、空冷バナゴンでセンターブッシュを交換するためには、燃料タンクを下ろさないとアクセス出来ません。以前にこのブログで自らチャレンジしたのですが、手に負えなかったため今回お願いをしました。

また、せっかく燃料タンクを下ろしますので、ついでに以前から劣化が気になっていた燃料タンク周りのリフレッシュも合わせてお願いしました。タンク周りのパーツは海外にしか無いものがあり、さらに細かいパーツが多いため、世界中のネットを徘徊して情報を集めパーツを手配しました。正直この手配作業が一番時間がかかったかも。


シフトロッドのセンターブッシュ(青丸)


タンク周りのホースは総とっかえ(青丸と間のパイプ類も変えました)

修理後に交換したホース類を見ると酷い状態だったため、直した甲斐がありました。ホースって外した事で、今まで大丈夫だった所にもひびが入ったりする事がありますが、今回はそれを通り越してひどい状態でした。
これらのホースはメインのラインではないので、一応燃料漏れは起こしていませんでしたが、たまにガソリン臭かったのはこれらが原因だったと思います。このホースを見た時に、心の底から直してよかったと思いました。

写真は今回外したパーツたちです。長い間ホントお疲れ様でした。





続いて、タイロッド交換(左右)、タイロッドブーツ交換(左)、アッパーボールジョイント交換(左のみ)、フロントハブベアリング交換(左右)

走行時(とくに旋回時)に足回りから異音があり、高速走行時にもフラつくため、タイロッドエンドの交換をお願いしたのですが、ショップに確認をしていただくと、左右のタイロッド共にガタがあったためタイロッド自体を交換してもらいました。

また、アッパーボールジョイントは、以前右だけ変えたのですが、今回は左が潰れていましたので一緒に交換してもらいました。ロワーは左右ともに変えていないので、またどこかのタイミングで変えたいと思います。(そのうちショックも変えたいな…)

ハブベアリングは前オーナーがいつ交換したものなのか、そもそも新車時から変えた事があるのかも分からなかった為、今回合わせてリフレッシュをお願いしました。


今回海外でパーツ品番を調べたり、パーツの手配をしたりに結構時間が掛かり、実際に修理をしていただくまでの準備も合わせて数ヶ月掛かりました。でも直して本当に良かったです。もう使えなくて破棄するパーツも、純正品があったので念のため品番は記録します。


にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0