ビートルのストックマフラーのテールパイプをカット


マフラーのテールパイプはリプロの260mmのスチールを使っています。
機能的にはこれで問題無いんですけど、260mmでは年代的に本来の長さより長いのと、バンパーより外に飛び出てしまうので見た目も良くないです。そこでパイプカッターを買ってきて、9インチ程度(約230mm)にカットしてみました。

今回の為に直径35mm以上切れるパイプカッターを用意しました。最初から年式にあったテールパイプを買えばいいのですが、リプロだと大体長さが決まっていて250mm〜265mmあたりの製品が多いので、テールパイプ交換時にまた使えるかもしれません。切るのは非常に簡単で、目的の場所に器具をセットしたらクリクリ回すだけです。2本でも5分あれば切れると思います。


という事でカット後に再度装着。パイプがバンパーより内に収まり見た目もスッキリしました。

パイプが短くなったので音が大きくなると思ったのですが、結果は全然変わりませんでした。まぁ外側のパイプを切っただけで、中身のインナーは220mm付近までしかないので、影響ないのかもしれません。ちなみにインナーの部分はカットできないので、もし僕と同じように切ろうと思う方は、ご利用中のテールパイプがどの辺りまでカット可能か調べてから準備をした方がいいと思います。

パイプが短くなったからか、マフラーの抜けが良くなり燃調が薄くなった様に感じたので、キャブのエアーを少しだけ絞りました。抜けが良くなるとエアーを吸う量が増えるという事みたいです。といっても微調整なので大きくはいじっていません。(キャブは自信ないので…)

見た目もスッキリ・音も静かでいい感じになりました。
そろそろ今年も終わりですね。
あと年内やることとしたら、洗車&waxでお手入れくらいでしょうか。


にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0