白馬八方尾根(八方池)トレッキング その1


白馬八方尾根に家族でトレッキングに行ってきました。
今回の目的地は八方尾根の八方池です。
写真を撮りながら山歩き、楽しい旅になりそうです。

日程は金曜の車中泊を含め2泊3日。普段よくキャンプをしますが、息子の「僕もお店に泊まってみたい」という希望で、2日目は初めてペンションに宿泊します。生後10ヶ月の時から何度もキャンプはしていますが、普通の宿に泊まるのは今回が初めてです。


予定はこんな感じ。八方尾根のところだけ忘れないように時間を入れておきます。
歩くペースは4歳児に合わせた時間配分になっています。

◆初日(金)
・仕事を終え名古屋を出発 → 白馬道の駅(車中泊)

◆2日目(土)
・8:30ゴンドラ・リフト → 9:30八方尾根トレッキング → 12:00八方池でお昼 → 13:00下山 → 17:00ゴンドラ乗り場 → ペンションへ

◆3日目(日)
・ペンションを出発 → 国営アルプスあづみの公園(大町・松川地区) → 帰路


ということで、金曜の夜に名古屋を出発し、0時過ぎに白馬の道の駅に到着しました。車中泊の先客も30台ほどいてそれなりに混雑していました。道の駅はトイレも外灯もあるので車中泊に便利です。

夜は冷えて3度まで下がり車内で寝袋にくるまっていましたが、おかげさまで翌朝は雲ひとつない晴天となりました。5時ごろ起きましたが家族は寝ていたので、周辺を散歩して写真を何枚か撮ってみました。


パチパチパチパチっと。朝日が差して良い雰囲気です。

カメラで遊んでいるうちに家族も起きたので、白馬八方尾根スキー場へ移動します。


道の駅からスキー場は近く、あっという間に到着しました。朝食も食べて準備万端。さっそく出発です。


八方池までならハイキング気分でデイパックで十分なんですが、3人分の荷物を持ったのでグレゴリー z55を使いました。久しぶりに背負いましたが良いバックパックです。


ゴンドラ乗り場。僕は高いところが苦手なので、最初から最大の難所です。でも弱音を吐かずに乗りますよ。


乗車券。ゴンドラとリフト2基を使って、いっきに標高1800mm付近まで上がります。


乗っているときはハラハラしましたが、写真で見ると開放感があっていいね。晴天具合がすごい。


兎平に到着。ゴンドラ(アダム)を降りたところです。紅葉していて綺麗でした。ゴンドラが終わり「残りリフト2基なんて楽勝」と足取りが軽くなります。


リフトは高度感もなく風も爽やかで楽しかったです。歩かず登れるって最高。


黒菱平に到着。ちょっとした湿原があります。次はいよいよ八方池山荘。


ここからも眺めは最高。


徐々に唐松岳の尾根が見えて来ました。テンション上がります。


そして八方池山荘に到着。天気が良くて雲ひとつない空。しかも無風です。
少し心配していた寒さも全然大丈夫でした。これなら息子も安心して登れそうです。


八方池までのルートが見えました。
普段行く近場のお山とはスケールが全然違いますね。
楽しそうでワクワクします。

というところで、長くなったので今回はこのあたりで終了です。
次回は八方尾根を歩き八方池まで進みますよ。お楽しみに。


にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0