2ページ目 | ウォーキング

お医者さんのおすすめウォーキング

昨日医者で健康診断をしてきました。
僕は元々血圧も少し高めだし、典型的なメタボだからなのかは分からないですが(汗)、先生に健康的なウォーキングの仕方を教えていただきました。
毎日ウォーキングは続けているのですが、昨日実践したところ今日はいつもより体調が良い気がするので、この季節に体調不良を感じている方は試してみてはいかがでしょうか?
「そんな事知ってるよ」とか「へぇそうなんだ」という事もあるかもしれませんが、とりあえずズラズラ書いてみます。


1.ゆっくりペース
馴れるまでは時速4kmくらいのゆっくりペースが良いみたいです。馴れた人は6kmくらい。
歩いてる時はしっとり汗が出るか出ないか位で、信号で止まったり、家に帰ったら汗が少し吹き出てきた、というペースが良いみたいです。
ゆっくり歩いても汗が吹き出てくる人は、体力や持久力が落ちてたりする可能性もあるので、もう少しゆっくりで良いのかも。まったく汗をかかない人は少しだけペースを上げても良いのかもしれません。

目安は歩いていても周りの景色が見える事、あそこにこんなものがあるんだぁ、なんて思えないスピードは速すぎるみたいです。その時にリラックスしている事がとても大事、リラックス出来ていないスピードは体には負担が掛かっているので。
小学校や中学校くらいの登下校くらいの余裕があるスピードが体には良いみたいです。(あと、夏まつりに行く感じとか。まぁ個人差あるけどね…)


2.運動強度より時間と距離が大切
ゆっくりペースですが最低1回4kmは歩きます。ということは、1時間位はのんびり歩きましょうという事になります。これは健康になる為の行為なので、ウォーキング=スポーツではないです。
ゆっくりリラックスして歩く事で、心身ともに緊張もほぐれるし、時間をかけて歩くので、基礎代謝も上がる様です。ぬるま湯にゆっくり浸かる半身浴的なイメージなのかな。
「体の為に頑張って汗かいてスピード上げて30分歩く!」なんてせっかくのウォーキングがもったいないと言っていました。
今朝起きた時に、筋肉痛では無く手足や体の中がポカポカしていました。インナーマッスルに効いてる感じなのかな???

3.汗は大事
かいた汗をそのままにしておくと、毛穴がつまって次の汗が外に出づらくなり、体に熱や老廃物がたまりやすくなります。ウォーキングで汗をかいたら必ずシャワーで流したりタオルでしっかり拭きます。
この時期、湿気も多く暑くなるのでエアコンつけたりして、体調管理が難しいですが、このあたりのコントロールが体調不良の原因になりやすい様です。


4.歩く姿勢
姿勢はただします。でも腕を振るのは普通に軽くで良い様です。どちらかというと、腕を振りやすい姿勢は肩や胸を開くので良いらしく、猫背で一所懸命腕ふっていても良くない様です。


5.なわばり意識
ウォーキングで歩いていると単調なので、ついついコースを色々変えてしまいがちですが、縄張りの様に決まったコースを歩く方が良い様です。コースを決めていると、その時の自分の体調が分かりやすかったりするので、体調管理にも役立つみたいです。今日はあんまり歩いてないけど、体がダルいなとか。
理想は、少し短いコースと長いコースの2種類くらいなんでしょうか。時間がないのに長いコースを必死に歩いたりするのは違うので、歩ける時間や体調に合わせてコースを選ぶのが良いのかな。


6.飽きずに続ける
続けなければあんまり意味が無いです。
続ける為にも、無理の無いスピードでゆっくりと。


7.疲れはほぐして
歩いた後に、お風呂で疲れをほぐして、その後軽いストレッチなんてすると、とってもリラックスします。


8.体にあう靴
これはお医者さんに言われた訳では無いので素人判断ですが、僕は日頃歩いていて、体に合う靴を履く事は結構大切だと思っています。
合わない靴は体を痛めるし、逆に合う靴は足の裏が刺激されて血の巡りが良くなるのか、早く体が暖まるし体も軽い気がします。
個人的には土踏まずがポイントです。


最後に、、、
のんびりリラックスして続ける事が大事です。
ただ良くないって言っても運動したり汗をかかないよりは、ずっと良い訳で、せっかく歩くなら良い歩き方をしようねって事だと思います。
これが日課で週一回くらいスポーツが出来ると、一番良いかもしれません。


にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0