coleman(コールマン) タフスクリーンタープ400

以前から欲しかったスクリーンタープ。昨年12月に行った年末のキャンプで他の方に用意していただき、その快適さに触れてからずっと気になっていました。でも我が家にはヘキサがあるからかぶる?もし買うならどんなものが良いのか。スノーピーク?ogawa?コールマン?色々と迷っていましたが、今回コールマンのタフスクリーン400を手に入れました。

というのもタイミング的にびっくりしたのですが、このタープをお店に見に行ったら廃盤決定のため展示品処分を定価の43%オフにしてもらえることになりました。ネットの最安値でも30%くらいですからかなりお得です。(さらにお店のポイントもつくし)という事で、家族と相談して購入することになりました。

手に入れたからには早速試し張りです。週末にBBQがてら長良川まで行ってきました。


コールマンの売り文句では1人でも簡単に設営できるという事でしたが、いつもは登山用テントなため大きさに少し戸惑いました。しかし設営方法はとても簡単なので、説明書に目を通していれば迷うことはないし、慣れれば10〜15分くらいだと思います。


色は地味ですが、大型でも威圧感もなく自然に馴染む感じです。少しレトロな雰囲気が好みです。


以前は登山中心でしたので軽量なものが多かったのですが、徐々にオートキャンプがメインになり、質実剛健なコールマン・ユニフレーム・スノーピークなどのアイテムが増えてきました。


こちらは年末にWILD1で手に入れたコンパクトなグリルです。今回のBBQで初投入しましたが、残念ながら場の管理人さんらしき方に、足が短いものは直火と同じで植物を痛めるので使用不可と注意を受けました。ごめんなさい。


ということでいつもの焚き火台にチェンジ。ただ、途中で炭を移動したりとバタバタしていたら、すっかり食べるのが遅くなってしまいました。今回のBBQネタは、美味しい豚肉と野菜の蒸し焼きにホッケなどなど。スクリーンタープのおかげで寒空のなかでもめっちゃ快適でした。いつもヘキサでしたから冬場のこの快適さは素晴らしいの一言です。


お腹がいっぱいになったところで、試してみたかったことにチャレンジ。
実はこのタープには、テントと連結する機能があります。そこで我が家のエスパース スーパライトPlusと繋いでみました。このテントはコールマンの想定テントに比べて高さがないのですが、何とかギリギリで接続できました。少し隙間が空くので風が強い時はNGかもしれません。


色が合わないので、見た目はスッキリしていませんね…。でも冬季キャンプでは重宝しそうです。まあ、見た目を機にするならカンガルースタイルっていうんでしょうか?テントのインナーだけをタープの中に入れるのもありかもしれません。まあ別々にしても良いし、色々試して我が家のスタイルを探してみようと思います。

僕の感想としては、気候が良いならやはりヘキサの開放感が好きです。でも冬場はもちろん、夏場のアブ・ブヨ・ハチなどの虫が多い場所などは活躍しそうです。季節やシーンで使い分けができれば、キャンプがさらに楽しくなる予感がしています。本当に良いもの買いました。



関連エントリー

関連するエントリーは見つかりませんでした。

RSS 2.0