エスクードの補修 素人板金塗装の続き

板金途中のエスクードですが、前回は塗装までおこないました。
遠目で見た感じは、そこそこ出来上がっている風に見えますが…


間近で見ると…ツヤもなく


多少色ムラもあります。雰囲気的にクリアが足りなかったのかもしませんが、とりあえずこのまま進めていくことにしました。

そして放置すること1週間…



塗装から日数も経ち乾いてきたので、今度は表面を磨いてツヤを出していきます。最初に1500番→2000番とペーパーで順に磨いてから、Holtsの液体コンパウンドで順番に仕上げていきました。


ということで、半日ほど磨いて完成です。


ツヤは当初の7割くらいでしょうか…でも随分見た目は良くなりました。


フロントも頑張りました。

今回の様な大きな面の塗装は初めてでしたが、最後の仕上げが結構大変でした。きっと機械を使えば楽なんでしょうけど、手持ちの電動ハンドドリルではトルク不足であまり役に立たずで、結局は手作業で磨きました。梅雨の蒸し暑い時期にやる作業ではないですね…。

深い傷に軽いパテをしただけでヘコミも直していないですし、塗装も完璧という訳にはいきませんが、3年ほど放置していた傷をやっと直すことができました。修理工場の見積はリアだけで10万位でしたので、その後ぶつけたフロントも合わせると、プロに頼んだら多分15万以上は掛かっていたと思います。

プロと比較するのも失礼ですが、随分安く済みましたし(もろもろで2万くらい)それなりには直せたので満足しています。エスクードなので「四駆だし多少のことは気にしなくていいでしょ」と割り切っての作業で気も楽でした。今回やってみて気付いたこともあったので、次に塗装する機会があれば、きっと少しは上達していると思います。何事もチャレンジですね、良い勉強になりました。


にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS 2.0