鶴舞公園と有松宿


鶴舞公園と有松宿に写真を撮りに行ってきました。
今回は以前購入したモノクロフィルム ILFORD XP2 SUPER を使ってみました。このフィルムはカラーネガと同じ現像方法なので、近所のお店で現像してもらえる便利なモノクロフィルムです。ちなみに今回も銀塩・デジタルの2台持ちです。



まずは鶴舞公園から







そして有松宿






最後にデジイチで撮ったもの。ここからはカラーです。





モノクロ楽しいですね。当たり前だけどカラーとは違った雰囲気が楽しめました。僕は風景撮りが多いので、使いみちは少ないかもしれませんが、用途によって使い分け出来ると楽しそうです。ただ、このフィルムはお値段高めなので、普段使いは出来ないですが…。
あと、先日直した SP の露出計は良い感じでした。実はカラーネガも1本撮ったのですが、写真を見ると以前より適正露出に近づいた様に見えます。もちろん今どきのカメラの様にはいきませんが、露出計を目安に自分で補正すれば使えそうです。

ちなみに今回は E-510 に ZD50mm macro を付けていきましたが、このレンズやっぱり素晴らしいです。やっぱりカメラはレンズですね。こんな良いレンズがあるんだから、オリンパスもマイクロばっかりやってないで、早くフォーサーズをなんとかして欲しいものです。



関連エントリー

関連するエントリーは見つかりませんでした。

コメント

お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス

正しいメールアドレスを入力してください。

URL

正しいURLを入力してください。

タイトル

タイトルを入力してください。

タイトルに不適切な言葉が含まれています。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie
  1. Re: 鶴舞公園と有松宿

    モノクロいいですねぇ。
    カラー写真は絵を見ているような感じに対して、
    モノクロ写真は見る側が想像をかき立てられるような
    何となく小説を読んでいる感じがします。
    4枚目の写真が一番好きです。

    返信

    投稿者名

  2. Re: 鶴舞公園と有松宿

    @とれじゃーさん
    ありがとうございます。
    小説を読む感じという表現ステキですね。
    モノクロ写真は情報が少ないので、その分想像で楽しめますよね。その反面、写真の中に物語が見えないと、ただの記録写真になってしまいそうです。
    今回の反省点としては、モノクロで古いものを撮ると、普通の古い写真みたいになって意外性が無い。ということでした。笑

    返信

    投稿者名

RSS 2.0